熊手
おかんと初詣に行きました。

正月もこの時期になれば少しは空いているかとも思ったのですが、企業や官公庁は仕事始めは済んでるでしょうが、学生はまだ冬休み中だったり、自由業や個人経営、就活中等々、まだまだ正月が続いてる人も多く、高齢者も沢山来られてて、想像以上に満員でした。

まぁ、行った所が成田山不動尊(大阪)だって事もあるんでしょうが、ウチからだとあそこが一番近いんですよね(なんせ地元だし(^^;)

行きのバスでは、床に落としてしまった小銭を「大丈夫ですか」と声をかけて拾ってくれた、高校生か大学生くらいの年代の感じのいい男の子が、お婆ちゃんと思われる人の手を引いて仲良さそうに参拝に来ていたりして、昨今の若者もまだ捨てたもんじゃないなと思わせてくれた反面、帰りのバスではお年寄り同士で席を譲り合って、おかんを座らせてくれたお婆さんを尻目に、大股を広げて席を独占して携帯ゲームに熱中してるバカ学生や、旅行の荷物を抱えて知らん顔して座ってるOL風のブスとかもいて、やっぱり今の若者はなっとらんとか思ったり。

・・・こういう事思う事が既にわしもジジイなんだろうねぇ(^^;



ここの不動尊は、神社と寺が一緒になってるような所で、本殿から法螺貝を吹きながら山伏が進む後を、階級によって違うらしい、紫や青や黄色のカラフルな衣を纏った坊さんが続いて行進するというパフォーマンス(←パフォーマンス言うな!(^^;)があり、その派手な色あいを見て、まるで戦隊物だなぁと思った私はバチ当たりもの?(^▽^;

因みに「僧侶戦隊オキョウジャー」ってタイトルまで頭に浮かんでしまった(←やめれ!)

で、おみくじやらお守りやらお賽銭やらが結構な物入りで、なかなかバカにならない金額になっちゃうんですよねぇ。

それで思ったほどお加護がない辺り、結構ボッタクリだよな!・・・なんて思うのも、やっぱバチ当たりかねぇ?(^^;

まぁ、バイトの巫女さんの女の子がみんな可愛かったから、良しとするか(コラ)

で、お守りの小物付きのくじ引きを引いたところ、小吉の札と共に出てきたのがこれ。

f0124763_02611.jpg


運やお金を掻き入れるという意味のある“熊手”だそうですが・・・

わし、最初“ハリセン”かと思った!

自分に運が回ってこない理由は、わしが“こんな風”だからなのかなと、今更のように気づく(笑)

ただ、この後にちょっとしたサプライズ(私にとって)があったのですが、それはまた後日改めてという事で(^^)
[PR]
by yaskazu | 2011-01-05 23:59 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15283376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< YOUはSHOCK! カニとビーナス >>