モヤモヤ
一昨日放送された、ドラマ「相棒」の8話が、ネットを中心にかなり反響を呼んでるようです。

私も観ていたのですが、確かに色んな意味でリアル過ぎて、とことん身につまされる内容で、非常に辛い気持になるエピソードでした。

ただ、自分としてはそれ以上にモヤモヤ感が拭えずにいて、それがなんなのかを考えたところ、視点がついこの回の主役ともいえる“柴田”に行ってしまいがちなところ、それと同等に彼を追い込んだ側の人間にも視点を置いてみると、少しそのモヤモヤの意味が見えてきたように思いました。

近いうちに、この辺りの考えが纏まったら、感想をここに上げてみたいと思ってます。
[PR]
by yaskazu | 2010-12-17 23:26 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15176073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今日という日が・・・ 重なる時は・・・ >>