脱力
なんかもう、誰が辞めるだの兼任するだので、肝心の国会そのものが動いてないとか・・・

もう、正直政治に何の魅力も期待も感じない、バカバカしい、脱力しか感じない。



そう言えば、先日大河ドラマの「龍馬伝」が、大政奉還のクライマックスを迎え、残す最終回は、龍馬が天に昇って行く終焉が描かれるのみとなった訳ですが・・・

私は幕末物は好きだけど、どちらかというと「新選組」派で、龍馬とは相対する間柄な訳ですが、それでもこの坂本龍馬という人間の魅力には一目置くものが山とあります。

龍馬が幕末のヒーローと呼ばれる由縁は、自分が天下を獲りたいとか、自分の手で国を動かしたいとかいうものではなく、日本のカタチを変えて新しい時代への扉を開きたい、世界に向けて船を出したいという所にあり、私利私欲で動いていた訳じゃなかったところだと思うのですよ。

龍馬が命を賭してまで夢みた新しい日本のカタチは、果たしてこんな“ていたらく”なものだったのでしょうか?

さぞや草葉の陰で泣いてるだろうなぁと、国会の状況や、今朝の会見とか見てて、ふと思いました。
[PR]
by yaskazu | 2010-11-22 23:58 | 独り言 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15029816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【ブログ-23日】独断と.. at 2010-11-23 06:05
タイトル : 龍馬伝
「龍馬伝」がいよいよ大詰めですね。毎週ドキドキしながら見ています。... more
<< 苦情 つまようじ >>