困惑の一通
おかん宛に、「口と足で描く芸術家協会」なる所から、ダイレクトメールが届く。

おかんは勿論、私も全く憶えのない所で、中味は障害を持ったアーティストが、口や足を使って描いた作品を卓上カレンダーにした物で、気に入ったら幾ら幾らで買ってくれというもので、ご丁寧に振り込み用紙まで同封されていて、ウチの住所とおかんの名前まで予め印刷されている。

典型的な詐欺メールの様相を呈しているようで、興味がなければ無視してもらって構わないし、返答が無ければ二度と今後は送らないという一文が添えてあるある辺りが、逆に怪しさを増大させる。

しかし・・・



調べてみるとこれがどうやら、一応はちゃんとした団体ではあるらしいことが判明。

公式サイト(海外)

公式サイト(日本)

とは言え、頼んでもいないのに、勝手にこっちの住所や名前を調べて、イキナリ品物を送りつけてきた挙げ句、これは障害者の描いたものだという前置きをした上で、気に入ったら買ってくれ、要らなかったら金はいらんというやり方は、正直気分のいいものではない。

本部が海外と言うことも関係してるかも知らないけど、こういう日本人の“人情”の部分に働きかけてくるような方法は、ある種卑怯なやり方だと思うのですよ。
まして、同様の方法で(少なくとも日本では)悪質な詐欺や、サイバー犯罪が横行してるだけに、逆に警戒心を深めてしまうし、関係のない障害者団体や、当の障害者の方達自身にも、却って不信感や懐疑心、偏見を持つことになりかねない。

意図は理解できる。
けど、正直同意は出来ないので、申し訳ないけど廃棄させていただくことにします(それでいいって言ってる訳だしね)

今後、活動を続けるのであれば、最低限でも日本国内では、他の方法を考えられた方がいいように思います。
[PR]
by yaskazu | 2010-11-19 22:31 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15011297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 85% ガン!ガン!ガン!ガン! >>