嫁縁
これで“カノン”と読んでみる(笑)

悲しい話が続いた事もあるので、今日はめでたい話題を。

皆様にご報告。

「仮面ライダー響鬼」の香須実さん役を始め、「デカレンジャー」のサキュバスや「ウルトラギャラクシー」のケイト等を演じた、蒲生麻由さんがこの度ご結婚されたそうです。

やっぱね、こういう特撮ファンには馴染み深い方が幸せになるって話は、素直に嬉しいもんですよ(^^)

蒲生さんの場合、ある意味マニアックな女優さんでもあり、一般の芸能ニュースでは報道されてないみたいですが、それ故に私らファンが祝ってあげねばという、多分ご当人にとっては大きなお世話であろう気持にもなってしまうという(笑)

あとひとつ、これは少し前に一般のニュースでも報道された話題ですが、こちらもめでたい話題。



満島ひかり : 主演映画「川の底からこんにちは」の石井裕也監督と結婚 女優活動は継続

満島さんはもう「ウルトラマンマックス」のエリーが本当に強烈で、実写作品で“ああいうビジュアル”の“アンドロイド少女”という、ヲタの“ど真ん中”にくるキャラクターを持ってきた辺り、ある意味卑怯だとすら思ったほどです(^^;

満島さん自身のちょっと無機質なキャラクターも、アンドロイドというエリーの設定にハマッてたし、元々演技力のある人だから、機械でありながら徐々に人間の感情を理解していくサマを、見事に演じてたと思うしね。

エリーと満島さんを知ってしまってるから、単に機械的に喋ってるだけって印象しかない、某ドラマのAKBの彼女には、申し訳ないけど感情移入できない。
それくらい、エリーは忘れられないキャラとして、心に残ってます。

彼女はその後、色んな作品で実力も実績も重ねてきたし、ちょうどいい頃合いにこのめでたい話。
これをステップにして、更にいい女優さんになってほしいものです。

みなさま、お幸せに


仮面ライダー響鬼 VOL.1

細川茂樹 / 東映ビデオ




ウルトラマンマックス 1 [DVD]

バンダイビジュアル


[PR]
by yaskazu | 2010-11-01 23:32 | ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/14902388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-11-02 12:51 x
まあ、香須実さんとエリーが!それは御めでたい!
どちらもヲタ心をくすぐるカッコイイ女性として印象深いです。
そうそう、エリーのキャラは確かに「卑怯」でしたね。(爆
お二人の幸せをお祈りします。
Commented by tomoko at 2010-11-02 13:46 x
 ケイト姉さんとエリーがお嫁さんですか。めでたい。某ドラマのロボットさんはなんかいまひとつあざとい感じで・・・エリーちゃんの方が進化したものなのでしょうがけど。ケイト姉さん、回想でもいいからまた映画の方に出てくれないでしょうか。
Commented by yaskazu at 2010-11-02 22:04
>つ様
そうなんですよ、くすぐるんですよヲタ心を、彼女達は!
蒲生麻由さんは、香須実さんみたいな普通の格好でも素敵なお姉さんって感じだったし、サキュバスやケイトさんみたいなコスチューム系でも、凄い“絵”になるんですよ(^^)

満島ひかりさん、一見童顔でお人形さんみたいなイメージですが、それがまたエリーのキャラにバッチリとハマって、正に“卑怯”なキャラになってしまって(笑)

思い入れのある女優さん達ですから、ホントにお幸せになってほしいものです。
Commented by yaskazu at 2010-11-02 22:09
>tomoko様
あの某ドラマ、コンセプト自体は悪くないと思うのですが、なんかホントに仰るように“あざとい”というか、作り過ぎな感じなんですよね。
狙いは解らなくはないんですが、もう少し感情移入できるキャラにしてもよかったのではと思います。

ケイトさん、ちょっと勿体ないキャラですものね〜
精神体となってレイをバックアップするなんて風なら、出番作れると思うんですけどねぇ〜
<< 標的 よく降るねぇ・・・ >>