1/1の1/144
f0124763_21532581.jpg

先日、チラッと紹介した、RGシリーズというガンプラの新ブランドの第1弾として発売された、1/144ガンダムです。

コンセプトとしては、去年お台場に登場し、現在は静岡に移設されてる実物大ガンダムがベースになってるということで、1/1の1/144スケールという、なんだかよく分からん事になっとります(^^;

この状態で全くの未塗装で、付属のデカールも貼ってなければ、スミ入れも汚しもしてない、いわゆる“パチ組み”の状態ですが、外装パーツ自体が細かく色分けされたパズルのようになっていて、組んだだけで、御覧の様にマスキングして色分け塗装した様な状態になります(凄いな、ガンプラ!)

ただ、今回長年模型作ってて初めての試みとして、組み立てる前に各パーツをメラミンスポンジ(台所用品売場で売ってる、アレです)による表面処理を行ってます。
メラミンスポンジでパーツ表面を、ペーパーがけの要領で軽く擦ってやると、ツヤ消し処理したような状態になり、近年のガンプラのように、塗装せずにプラの素材そのままを生かせるものには、お手軽にチャッチっぽさを抑えられる方法として、よく行われている方法だそうです。

f0124763_21543991.jpg

こちらは背後。




f0124763_21555435.jpg
これは以前紹介した、1/100のMGガンダムVer2。
これもよく出来ていますが、今回のものに比べるとかなり“アッサリ”した印象を受けますが、このモデルはいわゆる“ファースト”のアニメの画面で実際に活躍した、安彦良和氏の描いたガンダムをイメージしてる(“再現”ではないんだけどね)という事のようです。

f0124763_21564023.jpg

で、並べてみると今度のものの方が実は小さいんですよね。
如何にこのRGが、凄まじい作り込みしてるかってことですが、同時に双方の“商品コンセプト”の違いも比べられて、そう言う意味では面白いです。

f0124763_21575366.jpg

最近のガンプラといえば“可動”ですが、この商品もこういうポーズがつけられるのが“ウリ”で、手足の装甲は可動に連動してスライドするという凝りよう。
でも、これだけ内部機関が露出しちゃったら、装甲の意味が無いような気もするんですが・・・(^^;

f0124763_2158517.jpg

RX-78VSGR-1
ロボがボケちゃった・・・

f0124763_21595662.jpg

そんな訳で、RGガンダムでした。


RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2010-10-18 22:05 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/14815581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヘト・・・ おっさんがいる! >>