皆に届けるいのりうた
「大魔神カノン」、関西地区でも最終回を迎えました。

当ブログではまだ25話の感想にも着手できていない状態なので、詳しい感想はもう暫く後・・・早くて来週くらいになりそうなので、とりあえず雑感。

とてもいい最終回でした。
これまでの、トロいだの盛り上がらないだの、エンターテイメント性に欠けるだの、散々な事を言われてきた本作ですが(いや、実際そうだと思うけど(^^;)、それもこれも全てがこの最終回のための布石だったんじゃないかとすら、思った程。

全てに満足した訳じゃないし、100点とは言い難い部分も多々あるけど、それを補って余りある、「大魔神カノン」と言う作品がこれまで伝えてきた事が、集約されていたように感じました(ま、ファンの目びいきもあるけどね(^^;)

自分的には、この作品の一報や、初期に発表された企画や情報を見て、漠然としたイメージで“こんな作品が観たい”と思っていたものが、最終回に来てやっと実現したという感じ。

正直、最初から・・・とは言わないまでも、もっと早い段階でこれやってくれてたらって思いは、確かにある。

それでも、最終回観てこれだけ満足感・・・というか、充実感を感じれるのは、むしろこれを(色々と揶揄や批判をされながらでも)最終回まで引っ張ったからこそでもあると思う。

途中で脱落した人には、勿体ない事したねって言ってあげたいくらい(笑)

ともあれ、とても素敵な最終回だったのは、確かです。

先ずは近いうちに、25話の感想から先にアップする予定ですので、ご理解の程を。

大魔神カノン Blu-ray BOX3 初回限定版

角川映画


[PR]
by yaskazu | 2010-10-06 23:36 | 特撮 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/14740002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-10-08 09:46 x
最終回、充実していたようでよかったです。
響鬼も最終回まで引っ張っていれば…と今更ながら悔しさで唸ってしまいました。
カノンはイッキ見すればそれほどイライラしないかもしれませんね。そのうちどこかで…と思っています。
Commented by yaskazu at 2010-10-08 23:20
>つ様
最終回、ある意味「ウルトラマンネクサス」の最終回に匹敵する“神”っぷりだった・・・というと、ちょっと言い過ぎかも知れませんが、本当にいい最終回でしたよ♪

ただ、カノンの“あんちゃん”役でゲスト出演した某役者(熱海の時効警察で未確認生命体第4号な方(笑))が、本編以上に“持っていってしまった”のはどうしたものかと(^^;

そういう意味では「響鬼」の雪辱戦的な意味合いもあったかも知れないけど、高寺Pは別にそういうつもりで作った訳じゃないってことも、見ていて理解出来ました。

カノンは一応ニコ動でも配信していますが、そちらではちゃんと見れるのかな?
それ以前に、ネット動画は回線の状態やマシンのスペックで左右されますからね。
機会があれば、是非御覧くださいな(^^)
<< うわ、写真悪! ほ・・・ >>