力無
ちからなしと書いてカノンと読んでくれ・・・

と、いうのはともかく。



親戚の高校生の女の子が、どうもグレた模様・・・

男を部屋に連れ込むわ、タバコは吸うわ、酒は飲むわ・・・

まぁ、一応その子の祖母であるところの、私の叔母の話だけの事で、現場を見た訳ではないのだけど、どうにも“良くない”友達と付き合っていたり、携帯の電源切って連絡つかなかったりと、かーなーり“その道”一直線みたいで、ちょっと心配です。

まだ小学校に入る前、一緒に河原にバーベキューパーティーに行った頃の、あどけない時の姿が忘れられないだけに、めったに会わなかった間に、突然そんな話を聞かされても、俄に信じ難し。

親戚の子と言っても、自分の子供でもない訳だし、多分“そういう時期”には、大人が何を言っても聞き入れないだろうことは目に見えてる。

一度、自分が“こっぴどい目”にでもあって、身に染みて自分の間違いに気付かなければ、多分本当の意味では“直らない”とも思う。

かと言って、このまま放っておいて“シャレにならない”事になっては、もともこもないし・・・

こういう時に、本当に自分の無力さ、駄目な大人ぶりを、否応なりとも思い知らされてしまいます。

良い方向に向く事を、切に願います。
[PR]
by yaskazu | 2010-09-21 23:31 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/14643312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 狭間から・・・ 大魔神カノン 第22話 感想 >>