大魔神カノン 第12話 プチ感想
今回は一気に話が展開したという感じ。

これまでのこの作品のテンポからすれば、スローバラードから突然ポップスになったような印象を受けますが、これも最初からちゃんと計算された事だったらしいのは、実際に番組を観ていれば分かります。

正直、最初の頃は観るのに忍耐と苦痛が伴う作品だったのは確かで、それ故に自分も人に奨める事を躊躇していたのだけど、物語も折り返し点に来たこれからの「大魔神カノン」は、皆にお奨め出来る作品になってくれそうです。

では、今回のポイントをかいつまんで。



奇しくもタイヘイ達が皆オンバケと呼ばれる妖怪だった事を知る事となったカノン。
カノンのキャラ考えれば、さぞかしショック大きくて寝込むんじゃないかと思いきや・・・・

「確かに着てる物とか変わってると思ったけど・・・」

て、他にもっと突っ込むところ一杯あるだろう、カノン!(^^;

行動がかなり挙動不審だったり、極端だったり、社会常識の通念から微妙に外れてたりする辺りには何も突っ込まんのかとか、人の家の冷蔵庫の物勝手に飲み食いすることはいいのかとか(ブチンコと初対面して“かわいい”はいいとしても、魚肉ソーセージ食った犯人はそいつだぞ、カノン!(笑))

まぁ、彼女自身がある種こういう“浮世離れ”した性格だったからこそ、多少の驚きがあったとは言え、すんなりオンバケ達を受け入れる事が出来たのでしょうが、勿論そこには、イケチヨの書いた手紙に象徴されるように、オンバケ達が傷ついていたカノンを包み込んだ思いやりと愛情は、人間のそれ以上に本物だった事。
なにより、本来の使命を越えて本気で心配し、立ち直らせてくれたタイヘイに対するカノンの信頼は、強くて確かなものだったからというのはあるでしょう。

だからこそ、守谷の件で激しく落ち込んでるタイヘイを、今度はカノンが元気づけようとするシーンで、以前タイヘイが自分にかけてくれた言葉と行動をそのまんま返しながら、夕焼けの中を歩いていくシーンは、とても心に染みる物となって、伝わってきます。

そういったコンセプトを、放送話数の約半分を費やしてでも、丁寧に描いてきたからこそ、カノンがオンバケの事を受け入れる事にも納得できるし、今回のいきなりの急展開にも、さほど違和感を感じないんでしょう。

計算ずくだったとすれば・・・やっぱタダモノじゃないよ、高寺Pは(^^;

そして東京に出てきたジュウゾウ爺さんとショウタですが、2人とも別の意味で“可愛い”んだよな(笑)
ショウタは正に“子供の妖怪”ってところが純粋に可愛いし、ジュウゾウはカノンに早く歌ってほしい気持が周りに阻まれて(笑)空回りしちゃってるサマが、怪しいのに憎めない爺さんってキャラと相俟って、なんとも言えない“可愛らしさ”を醸しています。
この辺りは、ジュウゾウ爺さんを演じる長門裕之さんの実力の賜物ですね。

ジュウゾウさんの焦る気持を理解しつつ、カノンの現在の状況や気持ちを考慮して“代役探し”の旅に出るオタキさん。
カノンの事を思えばの事とは言え、彼女が“いのりうた”の歌姫である事には多分なんらかの理由があるがあるはずだし、ジュウゾウさんの生半可ではない思い入れを見れば、カノンが歌えるようになるのを待つのがベストなのはオタキさんも他のみんなも分かってるだろうけど、今回のイパダダに関してはそれを待ってる余裕がないほど、悪質で切羽詰まってるって事ですか。

それにしてはオンバケさん達、普段のほほんとしてるように見えるんですが(・・・(^^;)それを証明するかのように、ますます凶暴化してゆく幸太郎に憑依した冴木賢人のイパダダ。
無差別に人を襲い始めたり、大量の犬の魂式を繰り出してきたり、もはや暴走状態に近い。
今回はクライマックスでの、このイパダダと新キャラ“トウベエ”を加えたサワモリたち討伐要員とのバトルは、これまでの中でも一番充実してて、尺も長めで見応えがありました。
特にトウベエさんの大活躍ぶりは必見です!(「尻からニョッキー!」とか(笑))

前出のトウベエさんの他、今回は新キャラクター続々登場で、以前もチラッと登場してたハーモニカのオンバケのフクマツさん。
声が小林清志さんって事もあるのか、“見かけ”によらずなにげにハードボイルドな雰囲気で(番組違うけど)某ハーフボイルド探偵が見たらちょっと憧れちゃうかも知れません(笑)

そして、そのフクマツさんと共に“だいちゃん”にやってきた“若松”さんは、人間としての新キャラなれど、オンバケさん達の事は以前から周知の事らしく、3日前に知ったばかりで驚きの連続のカノンにとって、物語の核心に導く役割を果たす事になりそうです。

あと、今回は“小ネタ”的なシーンが色々ツボでした。
想像していたのとはあまりにかけ離れてたトウベエさんのお姿(確かに頼りになるんだけど)に、口あんぐりなハシタカの表情とか、待ちぼうけ喰らわされてヘロヘロなタイヘイとか、イケチヨの破廉恥なファンション(今になって言うか?(笑))とか、そのイケチヨさんの“おっぱい”にモロに“むぎゅ〜”って抱きしめられるショウタがおぢさん本気で羨ましかったとか(コラコラ・・・(^^;)

でもやっぱ、目に焼き付いて離れないのは“オタキさんのせくすぅい〜ぱんてぃ”だよなぁ!(笑)

大魔神カノン DVD通常版 第4巻

角川映画


[PR]
by yaskazu | 2010-07-06 20:30 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/14133723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年も・・・ 恥ずかしすぎて >>