Who are you?
まるで年間恒例行事のようになってしまった首相退陣。
巷では大騒ぎになってるようですが、自分としては正直「またか・・・」という気持ちが強く、時期総裁&首相も“あの人”なのは分かってるから、もう冷めてしまったと感覚が強かったんですが・・・



今日突然候補として現れた“樽床伸二”氏の名を聞き、思わず腰が抜けたと言うか、茶ぁ吹いたと言うか、「ホンマかいな!?」と、ホントにビックリしてしまいました。

恐らく、日本中の大半の人が、この方の名を聞いて「誰?」って思った事でしょうが、実はこの人の本部というか、活動拠点の事務所が私の地元の最寄り駅にあって、ウチの市では結構有名人だったりするのですよ。

駅前とか、私の自宅のすぐ側にもこの人の看板とかポスターが貼ってあったり、選挙の時は勿論、駅前の演説等でも度々姿を見かける、私らにとっては“馴染みのある”顔なのですよ。

でもね、地元民がこんな事言うのはアレかも知れないけど、所詮は地方の一議院が、いきなり国政の場・・・それも“総理大臣”になるかもしれない所に出馬するって、無謀を通り越して下手すりゃギャグですよ(アンタは木村拓哉かと、思わず突っ込んじゃいましたよ(^^;)

案の定巷では(特にネット上では)そりゃあもう酷い言われ様をしているみたいだし、実際地元民の私ですら・・・・てか、恐らくは大半の地元民が物凄い“突っ込み”入れてるに違いない(笑)のも事実なんですが・・・

けど、自分らが言うのはいいけど、この人の事よく知らない他府県の、しかも一般の人間とか、いわゆる“政治ヲタ”とか“ネトウヨ”とか呼ばれる種類の人達に、無茶苦茶な言われ方してたりすると、少し・・・と言うか、かなりムカツクと言うか、切なくなってしまうのは、やはり地元愛なのかなぁとは思いますけどね(^^;

まぁ、明日の今頃は結果は出てるのでしょうが・・・物凄ぇ複雑です(苦笑)
[PR]
by yaskazu | 2010-06-03 22:33 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/13881881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 時の人 ※追記あり 大魔神カノン 第8話 プチ感想 >>