支給
子ども手当の支給が始まった訳ですが・・・・う〜ん、どうなんでしょう?




貰えるものは正直嬉しい、これは勿論そうだろうし、そう思う事自体は普通だし、何も恥じる事はないと思う。

けどね、これが積み重なって“当たり前”になってきた時、この財源はどこからくるのか、貰う側は本当に有効利用できるのか、あの時なんであんなに反対したのか、自分はどんな意見を持っていたのか、どう考えていたのか・・・

それを忘れたり、麻痺させたりしないようにしないと、いけませんね。

まぁ、自分はどの道関係ないから、言えるのかも知れませんけどね(^^;
[PR]
by yaskazu | 2010-06-01 23:15 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/13865837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2010-06-02 12:05 x
 うちは次男が中三なので一年間だけもらえます。でも、財源とか「もっと有効な使い道があるのでは」という意見を考えると実に複雑です。今これを支給するツケはいつか今の子供たちの未来にまわってくる。
 でも、「辞退します」と言う勇気はないんですよね・・・現実は厳しいです。
Commented by yaskazu at 2010-06-02 20:20
>tomoko様
本当に子供のために使ってるのかどうかを一軒一軒チェックする訳にはいきませんからね。
だったら他に有効利用って意見は出てきて当然だけど、そこら辺討論もなしに見切り発車しちゃったのが、批判の源になってる訳で。

財源の問題や、将来への借金って部分でも、それは同様。

けど、貰える家庭は辞退なんかせずにしかっり貰っちゃって良いと思いますよ。
それをどう使うかというのこそ、正に“親が試されてる”部分なわけですからね。
<< 大魔神カノン 第8話 プチ感想 学びし事 >>