誰も信用されてない・・・
全国区のニュースではさほど大きく取り上げらてないようですが、大阪ではちょっとした話題になってます。

橋下新党「大阪維新の会」初選挙で勝利

確かに、たかが大阪市のひとつの区の補欠選挙にしか過ぎないし、全国区で見れば取り立ててどうこういう話題でもありません。

当選した候補が橋下知事の立ち上げた「橋下維新の会」からの参戦だった事、これがやはり意味が大きいと思うんですね。



今回の候補の当選も、バックにある橋下人気にあやかったものという部分も、確かに大きいと思うし、これが即府政に反映されるとは思ってません。
私自身は、知事の進めようとする大阪都構想そのものには反対ではありません。
大阪府と大阪市の二重行政は、やはりひとつに集約すべきだと思っています。

ただ、基本的には賛成だけど実際できるかどうかは別だと思うし、実際今回選挙のあった福島区は勿論、大阪府民全体が、構想には賛成しても内容がよく分からないから、支持するかどうかは微妙って答えも結構多い。

それでもこういう結果が出たのは、橋下人気という以上に、それだけ民主も自民も・・・既存の政党や政治そのものが信頼も信用もされていない、ここが一番大きいところなんですね。

ニュースにある通り、今回は橋下維新の会からの候補が圧勝というカタチで当選した訳ですが、二位に着けたのは実は民主でも自民でもない、共産党の候補で、もし維新の会が無かったら、もしかしたら共産党がこの選挙を制していたかも知れないんですね。

それが良いか悪いかは別にして、民主でも自民でも・・・まして公明党でもない、共産党にそれだけの票が集まったというのは、何も共産国家になる事を望んでる訳じゃなく、もう入れるところがないじゃないかって事の表れなんですね。

さて、この結果を踏まえた上での参議院選挙で、どういう結果が出るのか・・・

日本はますますカオスの時代に突入していきそうです・・・
[PR]
by yaskazu | 2010-05-26 00:33 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/13806999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< だらける・・・ 大魔神カノン 第7話 プチ感想 >>