3D
遂にこれも3D映画化ですか・・・

ゴジラ、3D映画でカムバック!2012年公開決定

とは言っても、日本のファンにとっては消してしまいたい記憶(←酷ぇ(^^;)でしかない、あの“ハリウッド版”再び・・・ですか?(^^;

まぁ、“アレ”よりは幾分かはマシなものを期待したいところですが、言っちゃなんですが、やっぱ外国人の感覚と日本人の感覚では、根本的に“ゴジラ”という存在に対する捉え方が違うと思うのですよ。

引き合いに出すのは申し訳ないけど、そういう意味では山下君の「あしたのジョー」と同じくらい“基本的に間違っちゃってる感”が漂ってると言うかね(^^;



でも、それ以上に残念なのは、結局海外頼りでもない限り、日本の映画会社ではもう本格的な“特撮怪獣映画”を作る余力が無いって事が明らかになっちゃったって事かな?

円谷プロのパチンコ屋への身売りの件も含め、日本の特撮界にとっては、寂しい話です。

いや、東映がその分孤軍奮闘してると言えばそうなんですが、結局戦隊とライダー頼りってのも、それもまた寂しいし・・・

まぁ、3DどころかCGすら無かった時代、ミニチュアと着ぐるみが東宝の広大なステージで本物の火薬と炎の中、オプチカル合成の光線が飛び交い、破壊の限りが展開される、古きよき時代の特撮怪獣映画をリアルタイムで劇場で観れた私ら世代は、実はとても幸せな時代を生きていれたのだなとも、思う訳で・・・

アートワークスモンスターズ ~戯画~GIGA 初代ゴジラ

メガハウス



やっぱ、ゴジラはこうでないと!

根付 キュージョン ( ゴジラ )

ラナ



こんなのもありますが(笑)
[PR]
by yaskazu | 2010-03-30 22:34 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/13254660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヨン 荒れまくり >>