世界選手権
フィギュアスケート世界選手権、高橋選手、浅田真央ちゃん、金メダルおめでとう!

真央ちゃん、素晴らしい・・・完璧な演技でした!、感動しました!

ミキティ派な自分としては、彼女が会心の演技を魅せてくれた事が、なにより嬉しかった!
怪我やバッシングに苦しんだ時期を見てきた側の身としては、演技を終えた後の晴れやかな表情を見れただけで満足です。

鈴木選手も、ショートの出遅れから、よくぞあそこまで盛り返した!

長洲未來選手、フリーはちょっと散々だったけど、最後まで諦めずに滑り切ろうとする姿に、胸が打ち震えました!

他の外国の出場選手の皆さんも、みなさんお疲れさまでした!
ご苦労さま!

・・・・・・・それ故に。



正直に言います。

やはり、キム・ヨナ選手のあの内容に対するあのジャッジと得点、銀メダルの結果には、どうにも納得出来ないし、疑問を感じざるを得ません。

バンクーバーの時は、確かにジャッジや得点に疑問はあったけど、少なくとも彼女は金メダルに相応しい演技をしたと思うから、素直にそれは認めたし、エールを送る気持にもなれた。

けど、今回は・・・言っちゃ悪いが出来映えなんて以前に、あんなグダグダな演技な上に、試合に臨むという意気込みとか、覇気すら感じられない。

それが、いわゆる一種の“燃え尽き症候群”だったと言うなら、そうなる事自体は仕方ないだろうし、責める気はない。

でも、転倒やミスを繰り返したあの演技内容で、ノーミスで完璧な演技だったミキティより点数が上だったり、フリーに関しては得点が真央ちゃんよりも上・・・と言うより、ミス連発のヨナさんに対し、ノーミスで完璧で感動すら覚える演技をした真央ちゃんより、得点が上って・・・・・

ありえないだろう!?

しかも、演技が冴えなかったのは体調が悪かったからって・・・

それじゃ、絶不調に悩んだ真央ちゃんや、怪我や精神的疲労で苦しみ、成績不審で引退まで考えたところから這い上がってきたミキティが、バカみたいじゃないか!

これまでは、彼女も“あの”母国を背負わされて、可哀想な部分もあると思って、同情する面も感じてきたけど・・・

ゴメン、ヨナさん・・・・君が嫌いになりましたorz

いや、彼女に責任がない事は分かってますよ。
彼女を責めたって仕方ない事も、本当に糾弾すべきはどこなのか、誰なのかって事も、それでも彼女も被害者だって事も・・・

分かってるけど、だからこそあそこで“言い訳”した事が許せない訳で・・・

真央ちゃんの金メダル、素直に喜べないのが、一番残念です。
[PR]
by yaskazu | 2010-03-28 23:55 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/13235742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 荒れまくり 仮面ライダーW 第27話「Dが... >>