自費
共同受信地域で、電波障害元のマンションとの交渉とかで色々揉めてたウチの地区の地デジ化対策ですが、結局アンテナや対応機器は自費で揃えなきゃならんという事に・・・orz

一応、援助金というカタチで幾らかは出るんですが、ハッキリ言って全然足りないですよ、全部揃えるとなると・・・う〜ん、機器はまぁ仕方ないとしても、アンテナとか難受信の対策とかは正直どうにかしてほしかったなぁ・・・

こうなってくると、ケーブルテレビや光TVなんかも選択肢に入れなきゃなりませんが、CSやBSならともかく、なんで普通の地上波テレビにまで金払わなきゃならんのかという辺り、どうにも納得出来ないし、あちらの業者の謳い文句では、ネットもテレビも纏めてお得って言ってますが、ネットは今よりもっと安く済むADSLのプランへの乗り換えを考えているのに、それだと色々計算すると結局今より割高になってしまうんですよねぇ。



てかね、頼みもしないのに勝手に地デジ事業とか始めて、もう来年からは今までのテレビは観れませんって、どう考えたって国の暴挙としか思えないし、国家事業だと言うならせめて国民に余計な出費を出させない、或いは100%の保証とかはするべきですよ。

しかし、そう言った方面のケアは十分に出来ていないばかりか、結局は自治体レベル、地域の町内会レベルに“丸投げ”しておいて、来年の7月に多分(てか、必ず)起きるであろう、テレビが観れなくなった人達の混乱や、アナログ機器の不法投棄問題って事には、敢えて目をつぶって考えないふりをしているようにすら思えてしまう。

地デジ対応機器の販売で景気好転なんて、おめでたく報道されてるけれど、それで実際儲かってるのは関係企業だけだし、実際未だに買えなかったり、ウチみたいに電波障害対策にいらん出費しなきゃならんかったりする世帯には、単に苦しいだけになってしまう。

そして、なんだかんだ言ってもこれも結局はよく分からん天下り団体を儲けさせる事に一役買ってるんだろうなってのがミエミエな辺りが、一番腹の立つ事だったり・・・

でもね、負け惜しみ言うみたいですが、多分来年の7月にアナログ停波なんて、無理だと思いますよ。
強行したりしたら、下手したらパニックになります。

さぁ、どうなっちゃうんでしょうねぇ・・・・
[PR]
by yaskazu | 2010-03-22 00:26 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/13169310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yu-Ki at 2010-03-22 12:33 x
こんにちは

こちらは新潟県の上越なんですが、ケーブルテレビに入っていれば、
地デジ完全移行後も5年位はアナログ放送電波に変換してくれるので、
地デジチューナーを買わなくても良いようになってます。
雪国の冬は特に映像が乱れやすくなるので、加入率も高いですね。

地デジ対策もあるんですが、
家庭用火災報知器の設置義務も来年に迫っているので、
そちらにお金が回りそうです。
Commented by yaskazu at 2010-03-22 23:28
>Yu-Ki様
良いですね〜、やはり地域によって対応が違うのでしょうかね?
今日新たに聞いた話では、ウチの町内は記事通り実費になるんですが、他の町内会だと共同受信の設備を導入するとかで、ほんの数キロ圏内でも雲泥の差(その町内の予算にも因るそうな)

なんだかなぁ〜(^^;

火災報知器の方は、ウチはガス屋の口車に乗せられて(笑)リースにて設置済みです。
でも、これも本当に必要なのかどうか、微妙ですよねぇ・・・
<< 雑記、色々 パニック >>