まっ白に・・・
キムタクの「ヤマト」にも相当驚かされたけど、これはある意味それ以上に腰が抜ける思いました・・・

伝説のコミック『あしたのジョー』NEWS山下智久主演でTBSが実写映画化へ

ネット巡りしててみつけた話題ではありますが、なんか文字通り頭がまっ白になりました・・・てか、“終わった・・・”に近いでしょうか。

スンマセン、キムタクの「ヤマト」以上に受け入れられそうにありません_| ̄|○



いや、別に山下君が悪いとか、亀田兄弟がどうとか、そんな事を言ってる訳じゃないんです。

「あしたジョー」だけは、こんな興味本位だけの無粋な作り方で実写化とか、映像化とか、してほしくなかったんですよ!

確かに、遥か昔には“石橋正次”の実写版ってのもありましたが、あれはまぁ時代を考えればまだ許せるし、少なくとも山Pよりは、当時の石橋さんの“やんちゃ”なイメージはジョーに合ってましたよ。

けど、原作の映像化って意味では“あの”2つのアニメ版が頂点を極めてると思うし、「あしたのジョ−2」の最終回のラストカットで、自分の中にこの作品を永久にしまい込んだ・・・そんな思い入れのある身としては、ホントに大切な永遠の宝物を汚される様な気がして、なんとも切ない気持ちになっちゃいます・・・(正直、パチンコやパチスロも、快く思っていない)

私らを含めた“ある世代”の男にとっては、「あしたのジョー」というのはある種触れてはいけない“聖域”の様な作品です。

だから・・・ホントにやめてほしい(泣)
[PR]
by yaskazu | 2010-02-18 00:42 | 独り言 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/12882264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2010-02-18 14:18 x
 すみません、こういうことには寛容だと自負していた私でも、これはちょっとカンベンしてくれ、と。あの頃学生運動やっていてジョーをリスペクトしていたおじ様方がもういちど角材持ち出しそうな予感がします。ジャニオタの娘と大喧嘩したりして。
Commented by at 2010-02-18 20:52 x
今度は山Pですか…_| ̄|○
キムタクヤマトもそうですが、これってなんと言うか、ジャ○ーズを横目でスルーする世代に対して後ろから殴りかかって「どうだ、見ろよ!」って言ってるようなものかも。目論見通りに振り向いてしまった自分が悔しいです。(汗
Commented by yaskazu at 2010-02-18 22:01
>tomoko様
さすがにこれはちょっと寛容になれないですよ〜〜(^^;
私らの世代はまだ微妙に直撃からは外れてると思うのですが、俗に言う学生運動まっただ中の頃に青春時代を送った、いわゆる“団塊世代”のおやぢ達にとって「あしたのジョー」は、ある種バイブルに近い意味を持ってますからね。

実際この話題の反応を見てみると、そのジャニオタ娘くらいしか喜んでる層っていないみたいだし・・・

これが原因で家庭不和に陥る一家が出ない事を祈ります(^^;
Commented by yaskazu at 2010-02-18 22:15
>つ様
確かに最近ジャニタレ系がアニメやコミックの実写化に出演する例が目立つ気がしますね。

その事自体は別に構わないと思うし、出来上がった作品が面白くて完成度が高ければ、それはそれで良い事だとも思うのですよ。

ただね、とにかくジャニタレ使ってればいいやとか、話題性だけを優先した作品作りで、思い入れの深い原典を汚されちゃう事には、正直いい感じはしませんね(^^;

でも、悲しいかな・・・実際この話に“食いついちゃってる”時点で、まんまと“釣られちゃってる”証かも知れませんね(苦笑)
Commented by つる at 2010-02-19 18:30 x
つるです。

う~ん、さすがに今回は「ちょっと待った」としかいわざる追えないでしょう。というか、私自身も当初、鳴り物入りで始まった「香○君@こち亀」を期待していたのですが。蓋を開けてみれば「これはちょっと…」という感触が目立ってしまいました。

結果論、キムタク@古代にしろ、大○君が演じる藤子系漫画のドラマ化にしろ、今のご時世、ジャニ系を起用しないとヒット時代に
なってきたのですかね。

余談ですが、「桜○君@ヤッターマン」は殺陣、CGとも密度が高かったのが好印象でした。
Commented by yaskazu at 2010-02-19 21:17
>つる様
確かに、ジャニタレとかアイドル系を使ってれば、ある程度の水準の収益は得る事ができると思うのですが、それと作品の良し悪しは別ですからね。

アニメやコミックの実写化はそれほど難しいという事なのですが、だからこそ安易な考え方では作ってほしくないんですよね・・・

「ヤッターマン」は未見なのですが、あの世界観は逆に実写化し易い面もあったかも知れませんね。
作り手にセンスがあれば、そういう物も出来ると思うのですが、さてどうなんでしょうかねぇ「ジョー」は・・・
<< あなたひとり偲ぶ 獲得 >>