風がふくように・・・
先日「突撃!ヒューマン!!」の話題をとりあげたばかりなのに、まさかと言うか、マジかと言うか・・・

訃報:夏夕介さん59歳=俳優

今年に入ってこの短い間に、なんでこんなに続けてこういう話題ばかりを書かなきゃならんのでしょう・・・

じゃあ、書かなきゃいいじゃないかと言われるかもしれないし、まるでこういう訃報記事でページかせぎしてるみたいなので、私もあまりやりたくはないのですが、だからと言って全く触れないって訳にもいかない気もするし・・・



まぁ、気を取り直して・・・

特撮で言えば勿論「キョーダイン」や「ヒューマン」って事になるし、名実共に一番印象強いのは「特捜最前線」の叶刑事でしょうね。
叶刑事は、荒木茂さんの演じた津上刑事が殉職した後の後任として特捜部にやってきたと言う事で、元々「特捜最前線」というよりは「“特撮”最前線」的な認識で観ていた私らみたいな類のファンは、非常に印象に残っています。

けど、実は個人的にはTV版「愛と誠」で、夏さんの演じた太賀誠が、一番原作のイメージに近かったって事で印象に残ってるんですけどね(あの番組は、池上季実子の早乙女愛も、原作のイメージに一番近かったと思う)

また話がそれちゃった・・・(^^;

人が旅立ってしまうのは、どうしようもない事だし、いつかは誰にでも訪れる事です(私自身もね)
けど、ホントに今年はこれ以上はもう勘弁願いたいですね。

特に(無理とは分かっていても)ヒーローは不死身であってほしいです。

安らかにお休みください。
[PR]
by yaskazu | 2010-01-28 00:52 | ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/12735544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2010-01-28 13:02 x
 最初にこのニュース聞いた時、本気で泣きそうになりましたよ。まだ60前なんですよね。私も夏さんの誠は映画のヒデキより好きでした。悲しいです。
Commented by yaskazu at 2010-01-28 20:59
>tomoko様
そうなんですよね、まだ還暦前ですもの、今の時代ならこれからが人生の円熟期って年代ですものね。

このところ、この年代の方の悲報が目立つ気がしますが、本当に残念と言うか、悔しいですね。

夏さんの太賀誠は、ビジュアル的には確かに映画版の西城秀樹や加納竜は“似ていた”とは思うけど、原作のキャラの持つギラギラした部分を一番表現していたと思うんですよね。

ホント、悲しいし、寂しいですね・・・
<< 侍戦隊シンケンジャー 第四十七... キャッシュ >>