どこからともなく現れて
思わず目が止まった、こんな記事。

幻のヒーロー奇跡の復活!DVD化「突撃!ヒューマン!!」

マジですか!?・・・と思い、よく読んでみると、当時のオリジナルのVTRが発見されたと言う訳ではなく、放送終了後に仙台で行われたアトラクショーを収めた個人の8ミリフィルムが、宮城県の地元の歴史を収めたDVDの中に入っていたとの事。

とは言え、当時の世相や、例えアトラクでも動くヒューマンの姿が出てきたってのは、確かに貴重かも知れない。

・・・・てか、アレって番組そのものがアトラクショーみたいなモンだったしねぇ(^^;

ところで、白い身体のヒューマン1号と、赤い身体のヒューマン2号なんて、憶えてる方おられます?(2人の“決めポーズ”まで憶えてる自分が、我ながらキモイ(笑))
[PR]
by yaskazu | 2010-01-14 22:32 | 特撮 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/12664005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にいや at 2010-01-15 10:20 x
ひえ〜〜『ヒューマン』ですか。
私もさすがに一、二回見たかどうか……。
引用の記事見てたら「夏夕介(59)演じる体育教師」なんて書かれてて。
いくらなんでも、現在の年齢各必要はないでしょうに。
知らない人たちは「そんな高齢のヒーローなのか」? と勘違いしますよね。
ああ、でも70年代オタク層の年齢も上がってるわけですから、高齢ヒーローはこれからのトレンドかもしれません。
Commented by yaskazu at 2010-01-15 20:25
>にいや様
突撃!ヒューマンは、実は1度だけ・・・確か冬休みくらいの土曜日の夕方に再放送された事があり、私毎週それを観ていたのですよ。
VTRの公開放送という、非常に珍しい作りではあったけど、それ故にかなり鮮明に憶えてるんですよ。
ちゃんとしたストーリーとドラマを持ったアトラクショーという意味では、後楽園とかのヒーローショーの先駆けたっだとも言えるでしょう。

高齢ヒーローと言えば、「ゼブラーマン」なんて正にそういう範疇に入ると思われるし、今後も“おっさんヒーロー”と言うか、ある程度の年齢でしっかりした芝居が出来る役者さんの、大人向けのヒーロー物ってのも、出てくるかもしれませんね。

Commented by それはもう at 2010-01-16 19:40 x
『月光仮面』のリバイバルですわな。
Commented by yaskazu at 2010-01-16 23:56
>それはもう様
・・・えと、初めましてでよろしいでしょうか?(^^;
月光仮面を今風にやるってのは、結構面白いとは思うのですよ。
川内康範さんが亡き今、あの独特の世界観をどこまで表現出来るかが鍵でしょうけどね。

ヘタこくと“アブナイ”世界になっちゃいますからねぇ(^^;
Commented by にいや at 2010-01-17 10:50 x
あ、すんません、私でした。

>“アブナイ”世界
うう〜ん、色々な意味でねえ。
今リメイクしたら、お姉さん版月光仮面とかやりそうですよね。
それも嬉しいような悲しいような。
Commented by yaskazu at 2010-01-17 23:57
>にいや様
あ、そうでしたか。
ちょっとそんな気はしてたのですが、確信はなかったので(正直、スパムも多いんですよね(^^;)

>>お姉さん版月光仮面
それはもう“けっこう仮面”になってしまって・・・(ちがーーーう!)
<< 侍戦隊シンケンジャー 第四十五... 1/3 >>