鏡開き
今は鏡開きと言っても、パックの底のフィルムとか紙を剥がすだけですが、昔は石の如く硬くなった鏡餅に、力任せに包丁叩き込んだり、しまいには金づち持ってきてブチ割ったりと、なんとも豪快でアグレッシブな事をやったもんです(笑)

しかも、大抵は中の方までカビがきていて、食える所を選っていったら、結局まんじゅう程度の大きさにしかならなかったりとかして、田舎のお婆ちゃんなんかは勿体ないと言ってカビの生えた部分も包丁で削って食ってたりしましたよ(私も食ったけど、結構カビの臭いって消えないんですよね(^^;)

時代は変わったなぁと思いつつ、今日はその正月の遺産の餅で、おしるこをいただきました。
昔・・・20代位までは、あんな甘ったるいものに餅なんか入れて、よく食えるななんて思ってたんですが、変われば変わるもので、40を越えた辺りからはもう、この時期のおしるこが楽しみで楽しみで(笑)

・・・・まぁ、だから“ドラ体型”になるんですが(^^;
[PR]
by yaskazu | 2010-01-11 23:55 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/12648030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 1/3 お出迎え >>