嗚呼・・・
「クレヨンしんちゃん」の臼井さん、最悪の事になっちゃいましたね・・・・

私個人は「クレしん」に特別な思い入れがある訳ではありませんが、こういうカタチでひとつの才能が失われるという事には、なんとも言えないやりきれなさを感じてしまいます。

なんか、今年はどういう訳か、クリエイターとかアーティストとか、芸能関係といった類の事を生業にされてる方達が、内外問わずに立て続けに旅立たれてしまってる気がします。
それも、何故か“突然の訃報”というものが非常に目立つと言うか・・・

確かに、長年の持病があったり、闘病生活をされた挙句・・・と言ったものもありますが、中には大原麗子さんみたいに防ごうと思えば防げたかもしれないものや、マイケル・ジャクソンみたいな“医療ミス”が疑われるもの、三沢光晴さんみたいな(仕事の性質上あり得る事とは言え)事故死だったり・・・

そして、金田伊功さんのような、心筋梗塞による急逝だったり・・・

なんかこう・・・どれも“身内やファンにしてみれば”納得できないと言うか、受け入れ難いものが多いんですよね。

なんであの人が!?・・・みたいな。

本当にイキナリ“奪われてしまった”と言うような・・・

こういう亡くなり方は、心の準備が出来てない分その悲しみや喪失感は、本当に量り知れないものがあるし、いつまでも引きずっちゃうんですよね。

臼井さんが何故こういう亡くなり方をしたのかは、現時点では分かってない様ですが、状況から考えれば事故の可能性高いみたいですね。
身内やファンの方はやっぱり納得できないというか・・・当分は受け入れられないだろうなぁ。

御冥福をお祈りします。

あと、以下はちょっと蛇足。



朝の時点でネットを巡っていた時、この件について(見つかった遺体が)臼井さんじゃない事を祈るなんて事を書いていた方が居られました。

いや・・・気持は解らんでもないけど、それは違うだろう。

もし、仮に臼井さんが無事だったとしても、そこに遺体がある以上確実に人間ひとりが亡くなってる訳ですよ。
人間ひとりの死に対し、誰それさんじゃなくて良かったなんて事は、あってはいけない事ですからね。

書かれた方も、他意があった訳ではないでしょうが、個人的に非常に“引っ掛って”しまったもので・・・
[PR]
by yaskazu | 2009-09-21 00:24 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/11973007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 豪遊 3時間でここまで >>