8年
テレビであの時の事を題材にした、オリバーストーン監督の映画をやっていたのを見かけ、今日が“9.11”だった事に気づく。

日本国内が、政権交代やら大麻汚染やらで大騒ぎの中、ウチ自体もバタバタしていて、うっかり忘れてしまうところでした。
いや、実際これまでも毎年色々書いてきたので、改めて私などが書く事も無いのですが、最低でもこの日を忘れない為に、一言でも記しておこうと思います。

実際、日本の新政権もこの件に関しては対応を誤ると結構“えらいこっちゃ”になるだろうし、当のアメリカもオバマ政権になってからは対応が変化しているようです。
テロは確かに許せない事だけど、報復だけが解決策ではないし、結局憎しみは憎しみしか生まない事は、もう明白な事実ですからね。

ホント、もう人の命が理不尽な暴力によって、無闇に失われるのはまっぴらですよ・・・

と、それはともかく・・・



人が真面目な事を書いてるのに、“せいけんこうたい”“性健康体”と変換するのはやめてくれ、わしのパソ!(思わず吹いちゃったじゃねーか!(笑))

・・・・いや、そりゃソッチの方も健康に越した事はないけどさ!(^^;
[PR]
by yaskazu | 2009-09-11 23:55 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/11916001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-09-12 11:24 x
911…もう何年も経つのに未だに昨日のことのよう。事件以前の映画で在りし日のWTCを見かけると何ともいえない悲しい気持ちになって、ひたすら黙祷です。

>性健康体
流石はyasさまのマックくんですね。(爆
ちなみに、マイパソは…と思って変換したら「聖拳交代」でした。
なぜだ!
Commented by yaskazu at 2009-09-12 20:19
>つ様
あの時の、リアルタイムで入ってきた映像は衝撃的でしたからね。
あれだけTVに釘付けになったのは浅間山荘事件以来でしょうか?(例えが古い?(^^;)

そうそう、昔のアメリカ映画にはWTCよく出てきますね。
ある意味自由の女神と並ぶアメリカの象徴の様な建物でしたものね。
その中で数えきれない人の命が失われたと思うと、やりきれない気持になります。

>アホ変換
どういう訳か、真面目な事を書いてる時に限ってやりやがるんだ、ウチのヤツは(笑)
聖拳交代・・・凄いアグレッシブなパソさんですね(^▽^;
<< 無敵の力は僕らのために スキャンダル? >>