大荒れ
結果はこうなると、正直思っていましたが・・・

しかしまさかここまで圧倒的な差がついちゃうとは、正直思っていませんでした(^^;

なんかこう・・・例えは良くないのかも知れませんが、芸能人やスポーツ選手のゴシップやら犯罪に対し、マスコミの報道に乗って日本全国総掛かりで袋叩きにしちゃう様な傾向と、根底の所では同じなんじゃないかと思ったりして、政権交代自体は賛成だけど、どうもこの“あまりの圧勝ぶり”は素直に喜べないなぁ・・・

てか、むしろ当の民主党さん自体がこの数字に戸惑ってるというか、“ビビッてる”んじゃないかと思ってしまう(^^;

勿論、それだけ国民の不満や怒りが、これまでの自公政治に対して爆発したという事なのは間違いないのですが、だったらもっと他の政党にも分散して票が入るというのが、本当の意味での民主政治なんじゃないかと思うのですよ。
結局、これまで同様“世間様がこう言ってるから”的なノリでみんな投票しちゃった気がしてしようがない。

因みに私は、小選挙区では民主の候補に入れましたが、比例代表区は共産党に投票。
理由は簡単、政権交代はするべきだと思ったから小選挙区は民主にいれ、歳とったおかんを抱え、自分自身の将来も心配な身としては、医療や福祉のマニフェストが自分の考えに近い党を選ぶのが自然だと思ったからで、政治的思想とかは全く関係ありません(てか、私はそんな思想めいたものなんて持ってません)

要は、投票ってのは有権者のそう言った“意思表示”の場な訳だから、個々の考えがハッキリしてれば小選挙区と比例代表が違うっていうのも当然だと思うし、ひとつの党に極端に票が固まるってのも無いはずだと思うのですがねぇ・・・・(^^;

ともあれ、これから日本の行く末がどうなって行くか・・・これからが正に本番ですね。

大荒れと言えば・・・・



「仮面ライダーディケイド」の最終回においても、方々で“大荒れ”状態になっている様です(^^;

元々「ディケイド」って作品自体に思い入れが少なかった身としては、あのラストとその直後の“予告”見せられた後も(確かに驚きはしたけど)案外冷静に受け止められたんですけどね。
けど、昨今はこういう手法で“結末は映画で”的な展開が増えてるらしい事には、やはり疑問を感じますね。

てか、例えそうだったとしても、やはりTVシリーズはTVシリーズなりの“何かしら”の決着は着けておくべきだったとは思います。
あれじゃ“ジャンプの打ち切りマンガ”にすらなっていないし、作品としてはやってはならない、作り手側の最低限の良識を破る様な事をやっちゃった気がしてなりません。

ホント、“なにぃいぃいいいーーー!!!”としか言い様がない(^^;

あの終わり方、頭に「宇宙戦士バルディオス」のTVシリーズ最終回が浮かんだのは・・・多分私だけだろうなぁ(「イデオン」ならまだ分かる人もいるだろうけど(^^;)
ただ、あの場合は放送局やスポンサー側の都合による、一方的で突然な打ち切りが原因だった訳で、最初から映画を見越した昨今の事情とは性質が全く違いますからね。

東京地方では台風接近で、夕方から天気も大荒れだったそうで、24時間テレビで眉毛メイク剥げ落として走った女性お笑いタレントも時間内には完走出来ず・・・・(でも結末はドキュメントで・・・って、こっちもかい!(^^;)

ホントに荒れまくった1日だったようで・・・
[PR]
by yaskazu | 2009-08-31 00:57 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/11837820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ごんた at 2009-08-31 02:45 x
これって最終回みたけりゃ金払えってことだよね?仮面ライダーがこんなことして良いの???今まで応援してきてここから先は有料ですよって・・・・正義の味方のすることじゃないよね・・
Commented by yaskazu at 2009-08-31 22:16
>ごんた様
初めまして・・・で、よろしかったでしょうか?(間違っていたら申し訳ありません)

昨今は通常の方法では商売として成立しないため、こういう方法で次に繋げるという事は、特に映像作品関連(平たくいえばアニメやドラマ)では頻繁に行われてるようですね(最近の海外ドラマなんかにに見られる“クリフハンガー”って手法もそのひとつかな?)

それだけこういう“メディア物”の世界にも不況の波が影響してるという事でしょうが、けどそれは今の日本のどの業種も同じなんですよね。
他の業種が“企業努力”でなんとか“買い手市場”で生き残りを懸けてる中、この業界だけが“売り手市場”を強要するのを良しとしてるのは、それを結局は受け入れてるファンの側にも、ある程度責任があるのかも知れませんね。

どちらにしても、今回の最終回には色んな意味で納得はできませんね。
<< 改めて、偲ぶ想い・・・ 取り敢えずひとこと >>