もっこり
このところ続けてきたタイトルの「○っ○り」シリーズですが、枯れてきたと言うか、ちょっと飽きてきたので、一応今回で一区切り(気が向いたら単発でやる事はあるかも知れませんが)
その割にはなんか“下ネタ”臭いタイトルじゃねーかと言われそうですが、別にそういう事ではありません(^^;

もう1週間程前の話なんですが、夏休みだ盆休みだと言われても、特に遠出をしたりする時間も予算も無いので、地元の“スーパー銭湯”におかんと一緒に行ってきました(おかんと、って辺りが色気の無い話ではありますが)
一応天然から引いてる炭酸泉なんかをを使った“露天風呂”なんかもあって、温泉町でもない都会の中の施設としては結構充実していて、結構なストレス解消にはなりました。

天気はイマイチだったのですが、幸いな事に私らが居てる間は晴れ間に恵まれ、太陽の元で露天風呂に浸かる事が出来たのは良かったです(^^)

いや、なんと言ってもね・・・・



真っ昼間っから太陽の元を“フルチン”をブラブラさせてブラブラ堂々と天下御免で歩けるるなんて、こういう場所でしかできませんからね!(まかり間違っても休日の公園なんかでやったら、お巡りさんに連れて行かれてしまいます!)
しかもそのブラブラを、作業に来た店員の20代位の若いオネーさんに堂々と見せられるなんて、クセになってしまったらどうしてくれるんだ!(・・・・って、いや、勿論わざと見せつけたりはしませんけどね(^^;)

ま、そうやって中は当然の事ながら千差万別な“もっこり”が、あっちこっちでブラブラしてた訳ですが、若いオネーさんの店員さんにしてみれば、もはやアレもただの“物”なんだろうなぁ(^▽^;

数あるお風呂の中でも“寝転び湯”というのがあって、これが実に気持よかった!
その名の通り床にごく少量のお湯が頭から足下に緩やかに流れていて、竹枕に頭を乗せて寝転んで入るのですが、丁度植え込みの樹の葉っぱが風に揺れる隙間から差す“木漏れ日”が心地よく、その陽射しと青い空に白い雲を見ながら、背中に流れる“ちょうど良い加減”のお湯の感触を感じて“素っ裸”で寝っ転がるなんて、凄い贅沢な気分でした!

そんな、思わず眠ってしまいそうな心地よさに浸っていた時、視界に何やら黒い物がよぎり・・・

何かと思ってふとみてみると、これが“アブ”!
多分植え込みの花にたかってきたのでしょうが、そのアブがあろう事かこっちに飛んできて、仰向けに寝っ転がってる私の“もっこり”の先っちょの辺りを・・・・

いや、さすがに止まりはしませんでしたが、思わず飛び起きて退散したのは言うまでもありません(笑)
まぁ、ホントはタオルを乗せて寝っ転がれば良かったんですが、風と陽光があまりに気持よくて、思わず“天火干し”にしたくなったもんで・・・・(苦笑)

f0124763_0595233.jpg

この辺。
念のために言っておきますが、これは“指”ですよ!
さすがにこんなところで自分の“本物のもっこり”を公開するほど根性据わっちゃいません(^^;

・・・・・しまった、結局下ネタになってしまった( ̄▽ ̄iI
[PR]
by yaskazu | 2009-08-16 01:05 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/11740467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ぶらぶら ぺっこり >>