地味に・・・
角川での高寺Pの復帰作である「大魔神カノン」
秋からの放送という事もあるのか、現時点ではPRもかなり地味な感じですが、私も地味に期待している作品です。

で、そんな「大魔神カノン」の公式HPが、地味〜にオープンしてました。

大魔神カノンの公式ホームページ

・・・・って、これまた地味というか、まんまというか、なんの“捻り”もないタイトルだな(^^;



コンテンツも、今のところ公式ブログしかありませんが、そのブログの内容を見ていると、高寺Pの文体は「クウガ」の公式HPで撮影裏話や、「高寺より」と名打たれたメッセージを書いていた頃と殆ど変わっておらず、何か懐かしい気さえしてしまいました(^^)

白倉Pの様な、良くも悪くもある種のハッタリを効かせた、人を引き込む様な文章ではなく、ただ坦々と出来事やその時の思いや気持を綴ってられるだけなんですが、その奥の方から作品作りに対する情熱や、再び映像作品の製作に携れる喜びみたいなものも感じます。
比べる事ではないかも知れないけれど、こういう部分にも作風の違いや作品に対する姿勢みたいなものも表れるのかも知れません。

先日のエントリーで触れた白倉Pは、地位を掴んだ事と引き換えに“組織の人”になってしまったという印象が拭えないのですが、高寺Pは更迭や事実上のクビといった憂き目に遭いながら、結果としてまた自分の作りたいものに挑むチャンスを掴んでるとも言える・・・

どちらが良いとか悪いとかではなく、作り物でないリアルな人生というのは、正に小説より奇なりというか、ドラマティックだなぁと、思う次第。

秋からの「大魔神カノン」の放送、地味に楽しみにしたいと思います。

・・・・問題なのは、関西でやるかどうかなんだよなぁ(^^;
[PR]
by yaskazu | 2009-07-04 00:55 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/11447914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冷める気持・・・ 面持ち >>