ちょっと安心した話
少し前、近くのスーパーで割引の計算が間違っていた事で、おかんがそのスーパーに対してクレームの電話をかけた。
それも1度だけでなく、2日続けて同じ様なミスがあり、またそれが偶然にも同じ担当の女の子でした。

そもそも、その店の割引ポイントの付け方にも問題があって、あれじゃレジの方も間違っても仕方ないし、客側だって面倒に感じるものだった事もあり、その辺も含めての意見であって、何も差額を返してくれとか、粗品よこせって意図で言った事でもない。
担当の子にしても、ミスはミスとし反省は大切だけど、その事で決して責めたり責任とらせたりはしないでほしいという旨も、しっかり伝えた筈。

ところが、それから何度かそのスーパーに買物に行っても、そのレジの女の子の姿をとんと見かけなくなってしまった・・・・

あれだけ言ったのに、もしかして下っ端の店員に責任とらせて終わりにしてしまったのだろうかとか、ひょっとしたら自分から辞めてしまったんじゃないかとか、色々考えてしまって、そうだとしたらなんだか凄く悪い事したみたいな気になって、ずっと気になってました。

しかし、先日夜にちょっと買い忘れの物を買い足しに行った時、ちゃんと変わらずレジに入って仕事してました。
恐らく、単にシフトの関係で私が行く時間にたまたま会わなかっただけだったのでしょう。

ちょっと、安心しました(^^)



自分が何気なく過ごしてる日常でも、もしかしたらその自分の生活や言葉や行動自体が、自分の認識しないところで、他人の人生や生活に影響を与えてるのかも知れない。
自分の気付かないところで、他人を傷つけ、踏みつけてるのかも知れないのかなと考えたら、ちょっと気分が沈んでしまいます(^^;

話はちょっと飛躍してしまうかも知れませんが、どうやら裁判員制度が本格的に動きだした模様です。
私なんかみたいに、今度みたいな日常によくあるような出来事でも、他人の人生や生活に何か影響与えたんじゃないかとか思って気に病んじゃう程なのに、もし自分が裁判員になって、自分の言葉や判断が、もしかしたら1人の人間の人生を終わらせる決定に繋がるかも知れないと考えたら・・・・

耐えられないかもしれないなぁとか・・・思ってしまいます。

ともあれ、あの子が辞めさせられてなくて、良かったです。
[PR]
by yaskazu | 2009-06-13 00:58 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/11294334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 運転 感想色々.6月1週目 >>