SASUKEを観てたら
時間を忘れてしまってました(^^;

競技としては本当になんの“捻り”もなく、ただ単純に肉体のみで立ち向かってゆくシンプルさが、引き込まれてしまう所以なのでしょうね。



回を重ねる毎に、人間には絶対攻略不可能とも思える様な難関が増え続け、一時期はあまりにも脱落する者が多すぎて却って面白みのないものになってしまってたと思うのですが、それでも攻略する人間が出てきてしまうのが、この番組の醍醐味なのかも知れません。

今夜も、あともう一歩で完全制覇まで行きそうになった人が出ましたが、そこで届かないところの“ジレンマ”も、結局次を観ちゃう事に繋がっちゃうんでしょうね(^^;

多分、次の時も観ちゃうんだろうなぁ・・・
[PR]
by yaskazu | 2009-03-31 00:22 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/10670445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< プライドの持ち方 冷風 >>