豆を歳の数まで食ったら腹壊すって!(^^;
節分な訳ですが、最近俄に流行りだした“恵方巻き”は多分関西発祥だと思うのですが、あれを食う時に喋っちゃいけないってのは、実はお喋りな関西人に対し、メシの時くらい黙れ!って事なのかもしれないなと、ちょっと思ってます(メシの時のお喋りが一番楽しいんですけどね(^^;)

ところで、節分と言うのは今でこそ鬼退治が通説ですが、本来は“悪霊退散”だったそうです。

鬼は外〜、福は内〜、悪霊退散〜



f0124763_20472325.jpg

誰が悪霊だ、コノヤロー!!
[PR]
by yaskazu | 2009-02-03 20:41 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/10276166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2009-02-04 12:55 x
 恵方巻きは関西では昔から普通に食べられていたのですか。ここ数年でかなりメジャーになりましたよね。喋っちゃいけない、というのもなんとなく呪術的でミステリアス。
Commented by yaskazu at 2009-02-04 20:15
>tomoko様
関西でもメジャーになったのは実は最近なんですが、結構古くからあったらしい事は確かなようです。
ただ、どちらにしてもいわゆる“バレンタインチョコ”と同質の、寿司屋の陰謀的なものはあるみたいですけどね(笑)
<< 拳を振るう者の痛み ちょこっとボヤキとか、ひとりご... >>